読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぅゅBlog

思考の垂れ流し

信号機の色はなぜ夜景に馴染まないのか

f:id:lovevioliin:20170413233700j:image

街灯の方が馴染まないかなあ

信号機の色もビルの電気も街灯の明かりも、みんな人工のもので、なんだかたまたまその色合いになっただけなのに、夜に付いているビルの明かりなんてたぶん残業の証拠なのに、きれいだなあとか思ってしまうわけです

 

来週も説明会だし大学に行く予定がない 卒論はやっつけ仕事にしたくないんだけど 文学部のプライド

 

わたしは、将来研究者になりたくて、御社はそれまでの食べていく手段に過ぎないわけですが、純粋培養のドクターと、社会に、「ビジネスに染まってしまった」ドクターでは、なんだか前者の方がよくありませんか

まーーーたわたしはそこにコンプレックスを感じてしまうわけです

純粋培養のドクターでも、研究者としてやっていけてる人は優秀な方なんでしょうけど、そこまでの基盤があったことにうらやましさを感じます。

 

だから、最近思うのは、わたしはこの先人に優しくなれないんじゃないかってこと

優しくしたいわけじゃないし、適性検査で、「他者に対する思いやりの気持ちが深い方だ」みたいな項目にハイをつけてしまう人間の精神性もわからないけど

 

たぶん、優しくできないってのは、人に共感できないことで、共感できないってことは、他者と、その人がどんなにいい人でも、心を共有できないことで、もしかしたら心を共有したい人すら一生見つからないわけで、結局は孤独への恐怖なのかな

 

で、わたしは、性格が悪いから、同世代にどう思われようと何でもいいし、小学校のころとか靴隠されたたりしたことあるけど、犯人なんかすぐわかるし、早くこんな精神年齢の低い人間と関わらなくてよくなりたいなって思ってた いつもどっかこうやって上から目線だから靴隠されるんだろうなあってわかってた

 

わたしは精神的におかしいのかなあー 頭に電流流したり、おくしゅりもぐもぐで普通の感性を手に入れられるならどれだけ楽か

 

ヒール履きたくないし化粧したくないし女がめんどくさすぎる 男だったら男だったでめんどくさいことたくさんあるんだろうけど

きっと、化粧をして、いい子ぶって、自分をよく見せるのも、大切な要素なんだろうな 知ってるけどできない

結局人生に危機感がないのかなあー フリーターなったらリゾバいけばいーやーくらいに思ってるし、ゆーて何とかなるっしょって思ってるあたり、本気でクソだと思う