読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぅゅBlog

思考の垂れ流し

毎日続かない

ハイ12月3回目

アメーバの頃は毎日更新だったのに

ついったの存在のでかさを感じますね 長い文章を読むこと、書くことに対する耐性がなくなっていってる(わたしだけかも)

 

今年もあと僅かなわけですが、来年の今頃はどうなってるんでしょう 想像するだけでこわい

大学生になる前は、「大学3年の自分」にスーパーマンのようなイメージを抱いていたわけですが、当たり前のようにスーパーマンにはなっておらず、きっと1年後の自分も何も変わってないんだろうなと思います

 

専攻分野の知識が増えた気がしないのは、危機感を抱くべきことなんでしょう

 

たぶん、ストレートで院にいくのは無理だから、何らかの形で就職することになるんだけど、全く想像つかない

そもそもわたしの最低条件として、実家に帰らなくていいならなんでもいいってのがあるし

 

自分の中に根付いている圧倒的底辺の感情に飲み込まれそうになる

音信不通の友だちからもらった手紙見てたら泣けてきた

 

 

「自分は誰からも愛されたことがなかった」みたいな歌詞が、セカオワの「スノーマジックファンタジー」という曲にあるのですが、そんなの傲慢もいいところで、至極真っ当な答え方をしてみれば、「誰も愛さなかったから愛されなかったのでは」ということになるんだけど

 

だから何が言いたいかって、どんな人間関係が自分の周りにできるかは環境によるところも大きいけど、そこからどの人間を選んで関係を維持するかは自分次第なのであって、つまるところわたしは、友だちと音信不通に なるような人間関係しか築けてなかったのよなということ

 

わたしが自殺とかしたり、春に北京で行方不明になったりしたら、このブログ特定されるのかな

 

ぜひ高名な先生方の、わたしの精神分析結果を聞いてみたい

 

犯罪心理学は、わたしが大学で専攻したいと思ったことの1つなんだけど、わたし的にあまり面白みを感じられなくなってしまったんだよね

 

当たり前だけど他者の感情や痛みは想像するしかなくて、完璧な心の共有なんて不可能な話で、つまり、犯罪心理学は想像と経験に基づいて理論があるはずで、それが及ばない範囲には全く無力ではないのかなと、興味を持てなくなってしまった 非常におもしろいとおもうけど

 

たとえば動物を虐待して快感を得る人がいたとして、動物を虐待して快感を得ない大多数の人は、「ふーん」くらいしか思えなくない?

動物を虐待して快感を得るという感覚をリアリティを持って実感できないじゃん(できたらできたで警察組織にいたらヤバそう)

 

なんの話をしたいんだったか完全に忘れた

 

まあ、当たり前体操的に、人間はひとりぼっちだよって話よりもう少し深く話してみたかったんだけど、わたしの知能と語彙力じゃムリでした...